美文字トレーニングの効果と事例

美文字というのは、ペン習字のお手本そのままの字だけを言うのではありません。ちょっと個性的でも綺麗に見える字、読みやすい字というのはあります。私の字も、教科書のお手本のような字ではないですが綺麗な字だねと言われます。それはいくつかの美文字トレーニングのコツを知っているからだと思います。自分の字の個性を活かしたまま「ちょっと上手に見えるコツ」を紹介します。

1つ目は、やや右上がりで書く、ということです。一文字のバランスをとるとき、特に横画を書くときに水平に伸ばすのではなく、ほんの少し右上がりになるように意識して書いてみてください。文章全体を右上がりにするんじゃなくて、一文字のバランスの中で右上がりを意識してくださいね。

2つ目は、横画が何本もある時は、横画間のスペースを均等にすることです。例えば「目」や「三」「青」という字ですね。各横画の間のスペース配分がバラバラになりすぎないようにしてください。

3つ目は、文字列全体のバランスを整えることです。並んだ文字の傾きや大きさがバラバラだったり、文字と文字の間のあけ具合がバラバラだと、ひとつひとつの文字は綺麗でも汚い印象になります。それぞれの文字の傾き具合、大きさ、文字同士の間隔を揃えるだけでも綺麗な読みやすい文になります。

4つ目のポイントは、美文字トレーニングをするなら平仮名を優先的に美文字トレーニングすることです。文章の中でよく使い、尚且つ綺麗に書けていると印象に残りやすい字は「な」「か」「す」「て」「お」「を」「き」「そ」「の」「は」「ま」「も」などです。これらの平仮名を優先して綺麗に(これはお手本を見て美文字トレーニングするとよい)書けるようにすると、全体の印象もよくなりますよ。