美文字トレーニングで右上がりの字を書こう

美文字トレーニングの方法は、基本右上がりで書くことだと私は思っています。ひらがな、カタカナ、漢字すべてにおいて、極端に右上がりではなく、少し意識して書く程度でいいのですが、例えば「木」という字で一画目の横線を書く場合、始点から意識して少し右上がりに線を書きます。

2画目の縦線は真っすぐに中心に書き、3画目左のはらいは1画目と2画目の交わりから45度の角度ではらいます。この時の長さが短すぎてもいけませんが、長すぎる方はもっとバランスがとりにくくなりますので注意してください。最後の右はらいが美文字に見えるポイントになります。このはらいは書道ではいったん留める形で太く仕上げますが、ペン字でもそれをイメージして左よりも少し長めにはらいうように美文字トレーニングしましょう。

一番の注意点は、最初に書いた1画目の横線と左右のはらいをつなげてみたラインが平行になっていることです。これで右上がりでもバランスの良い文字になり、人間でたとえると、ピンと胸を張った感じになります。イメージ的に私は文字を書くときに「かっこよく、胸を張っているような感じ」を意識しているような気がします。書道をしていた方は基本、右上がりの文字を美文字トレーニングしているので、この書き方がペン字でも自然に活かされています。バランスのとりにくい文字もありますが、まずは画数の少ない「木」「平」「大」「来」「中」など、左右のバランスを取りやすい文字から美文字トレーニングしてみるのがよいと思います。